BLOG

七宝文様 (大振袖)


たたき染めの生地にぼかしを入れて
鮮やかに柄を浮かび上がらせているお着物です。
七宝とは仏教の言葉で、金、銀、瑠璃、玻璃、
珊瑚、瑪瑙、シャコの7つの宝物を意味します。
円が永遠に連鎖し繋がる子の柄に「円満」「調和」「ご縁」などの
願いが込められていて人とのご縁やつながりは、
上記に書いた七宝と同等の価値があることを指している柄です。
アンティークならでわの柄に込められた思いは素敵ですね。

関連記事

最近の記事

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP