BLOG

白無垢・色打掛兼用(ブルー)鳳凰と桐(打掛)

青色はサムシングブルーとと言われ結婚式では、何か青いものを身に着けると幸せになれるというジンクスがあります。白無垢に大きな鳳凰と桐は和装でのサムシングブルー。

鳳凰は伝説上の生き物。
鳳凰が現れると世の中が繁栄すると言われて
鶴と同様に慶事を象徴し愛されてきました。
この打掛には背中に大きく羽を広げた鳳凰が描かれています。
打掛を羽織ると鳳凰に包まれる感じですね。

掛下の代わりに振袖を着ると個性的なコーディネイトになります。
掛下と振袖と違うイメージでしめますね♡

中に来た振袖はこちら

関連記事

最近の記事

  1. 2020.06.2

    思春期と大人
2018年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP