BLOG

亀甲文様 


飛鳥奈良時代に中国から日本に伝えられた文様は亀の甲(六角形)が崩れない連続模様で、永遠の繁栄を願ったものです。当時は一般庶民は見ることすらできなかったといわれるほど格の高い文様でした。

ターコイズブルーに赤と黒の雲紋・亀甲紋や梅の花の大胆な構図は
アンティークならでは
現在ではなかなかない個性的な柄付けですが、そでを通すと
バランスの良い色使いと柄の出方にかわいらしさを感じます。

振袖に打掛を羽織らせる
おしゃれて和装の好きな花嫁に最近人気のスタイルです。
婚礼ではサムシングブルーとして青いものを身に着けると
幸せになれると言われています。
打掛にも青い鳳凰が描かれたものを合わせてみました。

関連記事

最近の記事

  1. 2020.06.2

    思春期と大人
2018年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP